これぞ!ユル悪アメカジのマストアイテムDEATH!! by US SANGENJAYA

昨日リリースされた、Us ORIGINAL TIE DYE SERIESがユルさの象徴だったら
本日のメニューである、VINTAGE BOWLING SHIRTSは確実に悪の象徴になるんでしょうね。
つー事で本日は、近年マジで枯渇状態になって来ている
バックに良い感じにチェーン刺繍や、プリントが入った
50's~70'sに生産された、BOWLING SHIRTSになります!
まずは前回のUSED仕入れの際に、特に力を注いで
ガシガシとピックをした、チェーン刺繍入りの70'sモノからスタート。
この頃のシャツは、既に繊維革命がアメリカ本国で起きた後のアイテムなので
ほとんどの物がポリエステル混のシャツになります。
速乾性とさらりとした着心地に優れているのが特長で
洗濯の際の縮みもほとんど無いのが嬉しい一枚です!
uemura20130731v01.JPG
ポリ混素材ならではの発色の良さと、年代的な背景から
まだそんなに市場価格が高騰してないのも人気の理由だと思います。
uemura20130731v02.JPG
当時物のリアルな匂いがぷんぷんするVINTAGE BOWLING SHIRTSは
今季Usが熱を入れて提唱する、ユル悪アメカジの味付けにはホントに最適なアイテムになり
オープンカラー&バックステッチや、バックプリントが持つ男っぽさと
引っかけるように羽織る事で程良く力が抜けるボックスシルエットのボーリングシャツとが
見事にクロスオーバーするそんなシャツになります。
一昨年前辺りは、みんな挙って一番トップのボタンまで留めて着ていたこの手のシャツも
今季のユル悪スタイルでは、当然の如くトップボタンを開けてユルく着るのが鉄則。
仕上げのユルの部分は、サマーコード仕様のLevi's 517&ビーサンスタイルの
ピンストビルケン
で決まりっす!
uemura20130731v03.JPG
お次は同じく、ポリ混ボディのバックプリント物。
基本的にはこいつ等が一番手の出し易い安価な
ロープライスゾーンに足を突っ込んでおります!
uemura20130731v04.JPG
ポリ混素材ならではの発色の良さはそのままに
チェーン刺繍とはまた一味違ったテイストを携えたバックプリント仕様が
良い意味で安っぽく、プリントならではの変則的なロゴ配置やフォント使いが
魅力の一枚になります。
ま~、刺繍よりプリントの方が簡単にアレンジが効きますからね!
uemura20130731v05.JPG
ラストは、レーヨン&100% COTTON仕様の50's~60's物のレアピースになります。
uemura20130731v06.JPG
ここら辺の年代のアイテムは、若干ですが70's物のシャツのサイズ感よりも
タイトに出来ているのが特長になります。
uemura20130731v07.JPG
やはり、100% COTTON BODYを使用しているだけあって
長年の洗濯による経年変化が、超良い感じに見て取れますね。
いわゆる縮みにより生じる、パッカリングや良い意味でのボディの退色感が
味わい深い雰囲気とオーラを醸し出していますね!
uemura20130731v08.JPG
これぞ!ユル悪アメカジスタイルと言わんばかりの
レーヨンシャツと、一押しの赤耳カットオフショーツを絡めたコーデになりま~す(笑)。
uemura20130731v09.JPG
テロテロとした独特の素材感を持つレーヨンシャツと
バックに入れられた男っぽいチェーンステッチが織りなす珠玉のハーモニーはマジで無敵です!
uemura20130731v10.JPG
実物をチェック&ご試着してみたい方は、是非US SANGENJAYAまで足をお運び下さいませ~

UEMURA

  • posted by US SANGENJAYA